会社の行き遅れBBA(ばばあ)の身体がエロ過ぎて孕ませた件ww性欲がかなり強すぎて搾り取られまくるww

会社の行き遅れBBA(ばばあ)孕ませた あらすじ

新人社員の田中の勤める会社には、とてもエロい女上司がいました……

部下に強引に迫られ女としての喜びを取り戻す行き遅れババア❤
 
今すぐ無料試し読み↓



行き遅れババアの無料試し読みはBookLive!コミック
行き遅れ”で検索!

流麗に着込んでいるスーツを窮屈にしながら、豊満と例えても差し支えの無い程に、大きすぎる実ったエロ過ぎる爆乳を歩くたびに揺らしてしまい、男達にいやらしい欲情を向けられてしまうも、気恥ずかしい素振りなどを見せず、仕事の出来る女として活躍していた沢村主任。

でも周囲からは、仕事に全てを捧げてしまった、行き遅れのBBAと陰口を囁かれ、哀れな行かず後家だと心の無い言葉を紡がれるも、田中にとっては、彼女は理想の女性でもあったのです。

最高の実りで熟した爆乳は、思わず掴みたくなる程に柔らかそうで、細い腰を淫らに揺らして、熟しているだろう、彼女のおマンコを、自分のチンポで思う存分に犯してしまいたいと、堪えられない性欲が強く沸き出してしまい、込み上げる気持ちは抑えきれない欲望を抱かせてしまいます。

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

周囲が知らない、彼女の持つエロい魅力を知っていた田中は、我慢できずに、酔った勢いで、彼女の自宅へと向かい、雨に濡れている事すら気づかないまま、彼女の下へと訪れてしまう彼。

ずぶ濡れの田中を見て、慌てて自宅へと招き入れてしまった沢村主任は、風呂上がりの甘い石鹸の匂いを全身にまとい、今まで溜め込んでいた田中の性欲は搔き乱されていき、無防備な乳房は汗ばんだ揺らぎを見せ、彼の理性を性欲へと蝕んでいきます。

そしてついに我慢できず、沢村主任を押し倒してしまう田中は、彼女のシャツを剥がしてしまい、ブラを剥ぎ、念願の爆乳を想う様に弄びだしてしまいます。

……むにゅぅ……ぐにゅぅう……

「だ……めぇ……あん……」

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

いつもの厳しい雰囲気など砕けてしまい、牝な反応を魅せてしまう沢村主任の姿を観て、さらに性欲が荒ぶる田中は、膨らんでいた乳頭と抓りだし、そのまま乳首を弄び、激しく吸い付き始めてしまいます。

「……やぁん……あん……ひぅ……」

感じたことの無い快感に戸惑いを抑えきれない沢村主任の喘ぎ声に、反応が隠せない田中は、そのまま彼女の唇に舌を這わせながら、キスをしてしまいます。

「……むぅ……むぅぐ……」

舌を絡ませてくる田中の手は止まず、沢村主任の爆乳を激しく指の中に押し込めていき、彼女の淫らな感情を刺激していく愛撫は、激しさを増してしまいます。

……ムニュウ……グニュウ……

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

乳房に這いついてくる彼の指の動きと、冷静な呼吸を乱し、淫らな気持ちを沸かせてしまう雄のキスをされながら、濡れてしまう沢村主任のおマンコは、愛液を垂らしてしまいます。

ムクゥ……ムクゥウ……

膨らむ彼の勃起おチンポに戸惑えず、慌てて止めようとするも、

「……ま、まってぇ……お願いだから……んぁああああああ!」

裂かれてしまう膣肉の熟した処女膜は田中の亀頭の挿し込みに破かれ、彼女は処女を奪われてしまいます。

彼女が初めてと知った田中は、自分のチンポの形を刻む為に、いやらしく求めてくる膣肉をチンポでむさぼりだしてしまいます。

グチュ……グチュウ……

「……あん……んぁ……ああ」

抑えきれない快感に理性を溶かしてしまう沢村主任は、無理やりに犯されて感じてしまう、この快感の虜となってしまい、疼く子宮は、彼を愛おしく受け止めてしまい、吹き零れていく精液を受け止め、彼女の牝となる事を決めてしまいます。

仕事は厳しくするも、エッチな時は思う存分に激しくしてほしいと、ねだり甘えてくる彼女との関係は、誰にも言えない二人だけの秘密となり、やがて我慢の出来なくなった彼女にオフィスでも求められてしまい、牝として仕上がりを魅せてしまいます。

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

会社の行き遅れBBA(ばばあ)孕ませた ネタバレ

沢村主任を酔ったはずみとはいえ、犯してしまった田中……

気まずい雰囲気の朝を迎えるも、彼女は彼を攻める様子はなく、冷静に今の状況を受け入れていました。

初めてのセックスに感じてしまい、戸惑いを隠せない沢村主任は、田中と顔を合わす事は出来ず、精液の残滓が残る子宮を疼かせたまま、シャワーを浴びに行ってしまいます。

彼女に嫌われてしまったと、またこんな事をしでかしてしまえばクビだと、慌てながらに雨で濡れていたスーツを着込んで、そのまま帰ってしまう田中でしたが、翌日に当然に風邪を患ってしまい、会社を休む事になってしまいます。

今頃と不安を募らせて、風邪の熱にうなされていく中で、そっとおでこに手を触れてくれたのは、なんと沢村主任でした。

「大丈夫?」

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

と、心配してくれる彼女の言葉に慌てて起きてしまうも、気だるさから上手く立てず、彼女の爆乳に顔をうずめてしまう田中。

そんな田中を心配してくれる沢村主任は、会社が終わった後に、わざわざと訊ねてくれたのです。

おかゆを作ってくれていると、優しすぎる彼女に甘えてしまう田中ですが、栄養を付けたせいか、ムラムラと下半身が元気になってしまい、股間のチンポがムクリと硬く勃起してしまいます。

流石にと、こんな時に反応してしまうチンポを思わず隠そうとするも、彼の素直な反応に気づいた沢村主任は何をしてほしいと、甘えた声で誘惑してきます。

そんな問いに田中はヌイてほしいと頼み、沢村主任による掌のマッサージが始まってしまいます。

キュ……シュ……シュ…

こすれてしまう彼女の掌の熱を受けて、ムクムクと膨れ上がってしまう田中のおチンポ。

視線は沢村主任の御自慢の爆乳へと向いてしまい、そんな欲しそうな視線に気づいた彼女は、

「…もう、しょうがないわね…」

仕方なさそうにしながら、ブラを外した爆乳を田中の前で揺らし、

「…はやく…しなさい…」

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

と、照れた様子で誘い、田中は思わずにそのまま爆乳をしゃぶりつくしてしまいます。

乳房を吸いながら、亀頭を膨らませてしまう、困った田中のおチンポの反応に、興奮を隠せない沢村主任の手つきは早くなってしまい、我慢できない田中は、そのまま彼女の顔に!

…びゅる…びゅるる……びゅるるる…

溜め込んでしまった精液を射精してしまい、彼女の顔を精液に白く汚してしまいます。

白濁の精液に顔を白く染められてしまった沢村主任。

でも田中のおチンポはまだまだ元気そうで、熱を冷ます様子はありません。

「…なにかしてほしいことはある…」

濡れた膣を見せながら、訊ねてくる彼女の言葉に、田中は素直に、

「…ハメさせてください…」

そう懇願し、

「…いいわよ…」

と、彼の上に跨りながら、濡れた膣におチンポを咥えてしまう彼女。

手厚い看病を受けて、体調を取り戻す事になった田中は、翌日から沢村主任を求める様になってしまい、また彼女も、自然と彼の性欲を満たしてあげようと、優しく接する様になっていました。

場所を選ばず、場所に縛られず、身体を求め合う二人。

田中の若い性欲のおチンポに犯されて、牝として磨かれていく沢村主任は、もう彼の虜となっていたのです……

会社の行き遅れBBA(ばばあ)のスーツの下は・・・❤
 
今すぐ無料試し読み↓



無料試し読みできるのはBookLive!コミックのみ!
登録無しで40ページ以上試し読みできます♪ぜひ♪

会社の行き遅れBBA(ばばあ)孕ませた みどころ

ドスケベなムチムチな爆乳と爆尻に、精液を吸い尽くしてしまう淫乱子宮に濡れてしまう、行き遅れた中年美熟女とのエロいオフィスラブな展開が注目となる、作画はエロムチな肉厚なドスケベボディを書かせたら最高なすぺしゃるじー先生と、エロい展開に外れな無しな抜きどころを演出してくれるチンジャオ娘先生のコンビで御送りする今作。

メインヒロインとなるのは、仕事を生きがいにしてしまったせいで、三十路越えとなってしまった処女な美熟女の沢村主任。

スーツ姿なのに、エロ過ぎる身体を抑えきれず、爆乳と爆尻を揺らしながら、男性社員達を誘惑してしまう牝気質な身体にも関わらず、男性との付き合いをした事は、今まで一度も無いと、生粋の処女な美熟女な彼女が、想いを寄せていた新入社員の田中に、酔った勢いで犯されてしまうと、無残にも処女を散らしてしまう彼女。

でも、生まれて初めて感じてしまう、生のおチンポはあまりにも気持ちが良すぎてしまってと、処女膜を食い尽くされてしまった膣内は、田中のおチンポの味をすっかりと覚えてしまい、精液を注がれてしまった熟成済みの子宮は、もう彼の精液無しには満たされない快感の中毒になってしまうと、新人の部下の牝となってしまう女上司と、実にエロいシチュエーションで進んでいきます。

そんな美熟女のおマンコは、田中のおチンポを欲しくて仕方がないにも関わらず、会社では生真面目な仮面で冷静を装うも、心と身体は発情してしまっていると、敏感に濡れてしまう美熟女の身体を社内や電車の中で調教していくと、私は彼の上司なのにと、部下のおチンポと愛撫に感じてしまう、そんな沢村主任が牝へと堕ちていく様は、実に見ものです。

今まで仕事ばかりで、たとえ付き合うきっかけがあっても、自分から誘う事が出来ず、相手を辟易させてしまうと、すっかりと恋に自信を無くしていた彼女ですが、田中の求めてしまう性欲に、今まで身体ん貯め込んでいた性欲を解放させてしまい、次第に彼の事が好きになってしまうと、ラブな展開も注目出来る内容となっています。

やがて……彼女を身も心も自分のモノにしたいと願う田中は、危険日にも関わらず、彼女の子宮に特濃精液を注ぎ込んでしまい、泳ぐ精子が、着床に疼く卵子を犯してしまうと、彼の子どもを孕んで、妊娠させられてしまう沢村主任と、彼女が徹底して、田中の精液に溺れさせられてしまうと、身も心も奪われて、大好きな彼とラブエッチな日々を送っていくと、可哀そうな美熟女を満たして幸せにしていく、そんなラブエッチに注目できる作品となっています。

会社の行き遅れBBA(ばばあ)孕ませた 作家紹介

チンジャオ娘先生は、これまでに幾つもの秀逸なエロ漫画の原作を手掛けてきた原作者で、代表作には、

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」
「ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして」
「姉はヤンママ授乳中in実家」
「姉はヤンママ授乳中in熱海」
「人をダメにするちょいブス~顔40点、身体120点の彼女~」
「肝っ玉母さんが女の顔を見せるのは」

と、人妻から熟女に妊婦とJkと、様々なジャンルの美女と美少女を取りそろえ、寝取られセックスからラブラブセックスなど、幅広くシチュエーションを交えながら、淫らな性欲に調教されてしまうヒロイン達の淫らな姿をシナリオとして書き落としていく、敏腕原作者でもあります。

そんなチンジャオ娘先生が今回手掛けるのは、仕事一筋にして、会社で真面目に勤め上げてきた女上司が、新人の部下に犯され、若い精液の虜になってしまい、オフィスでエッチな調教を受けてしまうと、実にエロい内容でシナリオが描かれていきます。

そんな大人のエロい世界を書き記していくのは、ムチムチな肉厚で、揺れると発情してしまう爆乳を下げて、掴み心地最高の柔らかさに包まれた肉厚の美尻を揺らし、淫らな性欲で男のおチンポを求めてしまう、おチンポ大好きな淫乱な牝を描く絵師として有名な、すぺしゃるじー先生が手掛ける事となります。

「ふんどしめとりまつり」
「地元のギャルとビーチでハメパ」
「魔人勇者 聖騎士リオーネ編」
「温泉、○校生、撮影しま~す☆」

と、タイトルだけでエロそうなヒロインが出てきそうなタイトルのムチムチなエロさを蓄えた美女と美少女を描き、精液の溜まっていそうなおチンポを優しく愛撫しながら、射精を求めてビショビショに濡れてしまう膣肉でおチンポを咥え込んで締め上げて、特濃の精液を子宮に注がれて、子種を欲してしまう卵子に着床し、そのまま孕ませボテ腹でハッピーエンドと、妊娠して身も心も堕ちてしまうヒロインを描かせたら秀逸な先生でもあります。

孕ませENDと、おチンポの気持ち良さを教えてくれた、愛しい男が、例え中年であろうともクズ男でも、気持ち良くさせてくれるのならばと、お股を開いて精液を搾り取ってしまうと、実に淫らなヒロインを描いてくれます。

そんな二人が手を組み仕上げていく「行き遅れBBA」は、ヒロインの沢村主任を、仕事で真面目な女から、淫乱で精液中毒な牝へと仕立て上げ、新人社員の田中の若いおチンポの虜になっていき、会社で昼夜問わずに精液に満たされ、熟成した子宮で愛おしい子どもを孕んでしまうと、犯された筈なのに、このおチンポから逃れられないと、牝に堕ちていく、そんなエロさがヌキどころとなる良作となります。

会社の行き遅れBBA(ばばあ)孕ませた 二人の結末予想

田中のおチンポに犯されて以来、すっかりと彼の精液の虜になってしまった沢村主任……

処女を奪われた夜から、彼の事が忘れられなくなってしまい、自然と彼を求めてしまうも、歳の差と会社での立場で素直になれない彼女ですが、彼の激しい性欲の前に、すっかりと理性が壊されてしまいます。

電車の中で、痴漢かと思いきや、触ってくるのは田中。

「…な、なにを…や、やん…」

大勢が乗っている電車の中でされてしまう愛撫に抗えないまま、膣口を撫でまわしてくる指の動きは激しくなり、パンストを履いた脚を撫でまわし、お尻まで掴み、アナルを刺激してしまう彼の行為に、

「…だ、だめぇ…こんな…ああ」

怒らなければいけないのにと、感じて怒れない彼女。

そして会社に着くなり、人の来ない会議室を締め切り、密室で激しく犯されてしまう沢村主任。

「…ちょ…まって…あん!」

濡れた膣に期待していたんだと言わんばかりに、田中の勃起おチンポが挿入されてしまい、電車の中でイかされてしまった敏感な膣壁を叩いてくるおチンポの筋に刺激され、性欲が増してしまう沢村主任。

「だめぇ…こんなところで…セックスなんてぇ…」

でも気持ち良すぎて止められないと、淫らな膣肉は精液欲しさに締め付け具合を良くしてしまい、我慢できなくなった彼に、熱い精液の御褒美を貰ってしまい、

「…あぅ……ああぁぁ…いくぅうううう」

ビュルビュルと子宮を満たす精液に酔いしれ、二人きりの淫らな会議を終えてしまう沢村主任。

電車で愛撫され、会社で中出しセックスをし、自宅へと帰るも、そこでも夜通しにセックスと、もう彼無しには感じられない身体へと調教されてしまう彼女。

いつしか彼女の美しさも、前に比べて格段にアップしてしまい、最近綺麗になったと、田中はどこがご満悦ですが、彼女を狙う男の視線に嫉妬してしまいます。

「…ばかね…好きなのはあなたよ…」

と、二人っきりの時は、上司の仮面など脱ぎ捨てて、裸で求めてしまう彼女は、彼を愛おしい男性として感じ始めていました。

そして二人でいく温泉旅行。

人気のない海岸でエロい紐水着で彼のおチンポを誘惑し、浜辺で中出しセックスを楽しむも、田中の心は、彼女を孕ませてしまいたいとする願いで一杯でした。

でも今日は危険日と、中出しはダメと拒んでしまう沢村主任。

彼女の好きですと答えて、自分の子どもを妊娠してほしいと願う田中の言葉に、

「…私も好き…このまま孕ませて…」

告白と婚姻の中出しセックスを始めてしまう二人は、夜通しに身体を求め合い、特濃の精液を求めておチンポをしゃぶり、膣口に咥え込んで、子宮を白濁に満たし、膨れてしまう卵子が精液に漬かり、彼の子どもを孕んでしまう彼女。

「…ああ、赤ちゃん…できちゃった…」

妊娠してしまい、結婚をするも、後悔などは無く、これからも彼を仕事で支え合うと、上司と部下で結婚してしまう二人。

産休中にも関わらず、

「…もうぅ…赤ちゃんのミルクも残しておいてね…」

乳房に吸い付きながら搾乳してしまう田中に愛おしさを覚えながら、精液を注がれていく沢村主任は、

「…また妊娠しちゃうのぉお…」

これからも頑張らなと思う田中は、彼女の子宮に再び精液を零していき、二人目の赤ちゃんを妊娠させてしまいます。

満たされる幸せに包まれてしまう沢村主任。

再びされてしまう着床の中で、絶頂を感じていました……