行き遅ればばあ(BBA)、会社の爆乳34歳女主任w性欲持て余したドスケベ爆乳ww無料試し読みすらエロいww

入社した会社には34歳の行き遅れBBA(ババア)女主任と呼ばれる人がいるが、社内の部分的に評判は悪いだけで個人的には何も気にせず、それどころか爆乳だったり妙な色気を感じていたww

行き遅れババアと言ってもこのエロさ!!!!!↓↓↓

入社してから女としてズッと見ていたある日、残業で残らざる負えない事が起こり、結局、夜9時頃までかかったものの、スパートを掛けようとした時に行き遅れババアの女主任が`お疲れ!差し入れ持ってきたよ!´とコンビニで購入したサンドイッチ等を差し入れてくれ、スパートを掛けたかったものの、休憩する事に。

行き遅れババアの女主任もいっしょに付き合ってくれ、オフィスフロアには2人きりで何だか妙な空気が流れ、緊張感漂う雰囲気に…。`どうしたの?´と女主任が聞いてきたが、自分は`いや、何も…´と答えると緊張しているのを分かってか、微笑みながら体を寄せてキスを奪われ、その間だけ時が止まった様にも感じた。

キスを終えると再び微笑んでいたものの、今度はお返しと言わんばかりにこっちからキスのお返しをした。
キスを終えると女主任は新人である自分のズボンを下着ごと降ろし、目の前にさらけ出され、キスによって勃起した一物めがけ口に含んで頬張り出した。

自分は一体何が起こったのか分からずこの様子に呆然としていたが、唾液と我慢汁が混ざった淫乱な蜜が合わさる音が時が経つにつれて大きくなっていき、それがオフィスフロア中に響かんばかりとなり、最後は昇天と射精を迎え、白い蜜は行き遅れババアの女主任の口の中に放たれたが、溢す事なく飲み干した。

その顔はとても満足した顔をしていたが、自分は欲望を押さえられなくなり、上から被さる様に彼女を押し倒し、行き遅れババアの女主任のリクルートスーツのスカートを間繰り上げ、ストッキングの股付近を引き裂き、パンツをズラして秘部に一物を挿れた瞬間、`危険日なの…´と懇願されたものの、耳に入らずピストンを始めた。

「はぁーッ……っ!ああぁっ♡んんん…っ!きもち、い゛っ…からぁ!!!♡ひ…っ!♡やら、あぁッ♡おくッや゛めてぇ!♡

あ゛、ぉ…っ!?♡♡やっ…あ゛ァ!!♡♡あ、あ゛ーッッ♡♡し、ぬ゛…ッ♡♡しんじゃ、あああ゛ァッ!!♡♡♡」

最初は射精して元気がなかったが、行き遅れババアの女主任の中がとても温かく、イヤらしさも感じてピストンを動かせば動かす程、一物は再び勃ち始め、彼女は危険日と言っていたが、自分共々、快楽の海に溺れ始め、キスをしながらピストンを続け、共にフィニッシュへ向けて一体化していると思え、いよいよ射精を向けて`主任、中に出させてください!´と女主任に叫んだ。すると行き遅れババアの女主任は`良いわよ!貴方で私の中をいっぱいにして!!´と叫び、

「やぁ、らめぇ…っあぅ…ッひっ…!!んんん…っ!きもち、い゛っ…からぁ!!!♡さわ、って゛ぇ…ッ♡」

「はやく、あぅ、っ♡あ゛、ぉ…っ!?♡♡やっ…あ゛ァ!!♡♡まッ…ま゛ッて゛え゛ッ♡♡♡キち゛ゃう゛う゛ッ♡♡♡」

共々、昇天を迎え、一物から放たれた白い蜜は彼女の中へ温もり含んで放たれ、幸福感を2人を包み、一物を抜くべきだったが、自分は`しばらくこのままでいて(上から被さった状態)いいですか?´と行き遅れババアの女主任に尋ねると`いいわよ…´とお互いに抱きしめ合って過ごした…。

会社には裏で行き遅れBBA(ババア)と呼ばれる34歳の女主任がいる。個人的には好みの女でそのような陰口は気にしていないが、爆乳持ちでムチムチな体つきがとてもそそられていて夢中になっている。
入社して間もない時から今に至るまで目線が合わない様に盗みしていたが、ある日、会社内を歩いていると突然、誰かに今は倉庫代わりの使われていない会議室へ引きづり込まれた。

するとそこには行き遅れババアの女主任がいて、会議室にあるデスク下に潜んでいる様な感じで自分は一瞬のうちにイスに押さえつけられた上、ズボンも降ろされ、行き遅ればばあの女主任は一物に夢中で貪る様にフェラし始めたww

自分は`何をやってるんですか?´と聞くと行き遅ればばあの女主任は`新人君に罰を与えてるの´と答え、再び一物を貪り始めた。

`どうしてこんな事をするんですか?´と尋ねると`貴方、私の事をずっと見ていたでしょ?男なら正々堂々と好きな人の前に来て思いを伝えるものよ!´と答え、一物に夢中となっていき、我慢汁とよだれが合わさった淫乱な蜜の音が誰も来ない使わずに倉庫代わりの会議室に響き渡ったw

いよいよ我慢できなくなり、`もうダメ…´と弱音を吐くと一物から白い蜜が放たれ、行き遅れババアの女主任の口に収まり掃除をしつつ、飲み干したww

再び一物を貪る様にフェラを始め、味をしめたのか頬張りながら一物の可愛がりながら自分自身の感じやすいツボを覚えたらしく、
重点的に責められ、再び射精したが、一向に辞める事なく、その後、このフェラ→射精→フェラ…の状態が1時間位続き、行き遅れババアに自分は骨抜きにされた…。

職場の歓送迎会が終わり、酔いさましも兼ねて行きつけのスナックに寄った。女の子達と楽しく談笑していると、職場の爆乳行き遅ればばあ(34歳)からのラインが入った。
「今何しているの?」どうやら相手も相当酔っている様子。「スナックでお姉ちゃんたちと飲んでるよ」「楽しそうね(笑)」内心(早く切ってくれねえかな)と思いつつも職場の上司である以上無碍にできない。

5分もしないうちに相手の声がだんだんと変わってくる「ごめん、酔ってしまって・・・ちょっと歩けないかも」しょうがなく迎えにいく。
「大丈夫立てれますか」下半身に力が入らない様子。仕方なくタクシーを拾い、旦那さんのいる自宅に送り届けようとする。

「・・・今日、旦那出張で居ないんだ」と言うが早いか、私の人差し指を爆乳行き遅れババアの左手が添えられた。

そのまま私の指を優しく包み込むと自分の唇にあてがいキスをする。そして自分の胸までなぞらせ、乳首のあたりまで誘導する。

服の上からでもわかる明らかな爆乳の上に…。爆乳行き遅れババアは自分で誘導しておきながら、甘い吐息を漏らす。「ゆっくり酔いを醒ましていかない?」私はその誘惑に負けてしまった。

私は人目を気にしながらネオンの光る方へ。爆乳行き遅れババアは気にすることなくしっとりと腕を絡ませてくる。

ホテルに入りエレベーターに乗ると、キスを迫ってきた。少し背伸びをした姿がいじらしい。
部屋に入ると手慣れた様子で浴槽に湯を張る。「少し待っててね」「・・・それともシャワーだけにする?」その言葉に思わず「シャワーだけでいいよ」答える私。

二人でお互いの体を両手の平で洗いっこする。少し意地悪そうな表情を浮かべ、私の中心を大事そうに洗い出す。「もうベッドに行かない?」思わず口にしてしまう私。

ベッドでは主導権が握られてしまう。私を仰向けに横たわらせると、唇、首筋、乳首と舌を這わせていく。
その間に爆乳から大きく勃起した爆乳行き遅れババアの乳首が絶妙な距離感で私の体に触れる。フェザータッチとはこのことだろう。

私の中心をゆっくりと愛撫したあと、彼女に主導権を握られたまま、私の中心部を握り彼女の中心部に深く差し入れた。
目の前で爆乳が上下に揺れる。「ねえ、お願い・・・」爆乳行き遅れババアが私の両手をその爆乳に導いた。深く大きな衝動で二人は果てた。

入社した会社には34歳の爆乳行き遅ればばあの女主任がいる新人ながら頑張っているものの、器用ではないので仕事ではミスばかりでその女主任から怒られてばかりでへこむ毎日を過ごしていた。
ある日、資料をまとめなければならず、夜遅くまで爆乳行き遅ればばあの女主任共々残業し、怒られながらも何とか進めていき、途中、女主任から`ちょっと気分転換しない?´と言われ、休憩をとる事に。

女主任は長期戦を見越していたのか事前にカップラーメンを新人の自分まで購入し、給湯室へお湯を沸かしに行ったものの、中々戻ってこないので心配して給湯室へ行くと急に爆乳行き遅ればばあの女主任から襲われ、
`普段からどんなつもりで見ていたの?´と問われ、困惑していると`じゃ、お仕置きをしなきゃね´とズボンを降ろされ、女主任の目の前に一物をさらけ出され、その一物をシャブリだした。

最初は爆乳行き遅ればばあの女主任の唾液の音だったが、彼女の舌のテクニックには勝てずに唾液と我慢汁が合わさり、2人しかいないオフィスフロアに響き渡り、時間に経つにつれ、その音は大きくなり、
一物をしゃぶられている新人である自分も快楽より痺れに近い感覚に陥り、だんだん一物の奥の方から溢れ出そうな感覚がやってきたw

`もう、ダメだ…´と白い蜜を女主任が頬張っている先端から出してしまったが、そのまま、白い蜜を飲み干し、自分自身は申し訳ないという後悔の思いが募ってきたw

でも、爆乳行き遅ればばは`ごちそうさま´とお礼を言ってきた。エロ過ぎww

しばらく放心状態になってしまったが、襲われてしまったにも関わらず、何だか、爆乳行き遅ればばあの女主任が欲しくなっていき、`また、作業始めるわよ´が聞こえず、お返しと言わんばかりにキスをしながら強く抱きしめて襲い返した。

一物は再び元気を取り戻し、女主任の服は剥ぎ取り、真の姿をさらけ出し、唇・乳房・秘部を舌で堪能し、秘部の蜜が溢れ出した時に一体化したw

一物を入れてフィニッシュへのピストンの繰り返し、欲望のまま、自分の思い通り続け、爆乳行き遅ればばあの女主任共々、昇天を迎えた。
その後、男の立場的なマナーがあるが、それも忘れ、素っ裸の男女がオフィスフロアの床に大の字状態で天を仰ぐように上を見つめて寝そべりしばらく過ごした。